チャペル選びに迷っているならココ|見学すると吉

結婚で考えたい意味

江戸時代における結婚式は披露宴が主体のセレモニーでした。本来結婚式は男女がこれまでお世話になった人達に新しく生まれた夫婦の結びつきをお披露目すると同時に、御礼を伝える席です。神戸で結婚式を挙げれば夫婦が社会的に担う責任を自覚することができます。

ブライダルフェアに行こう

教会

予約はネットから取れる

静岡県在住の方で、近い将来県内でのチャペルウェディングを考えているなら様々な選択肢があります。静岡県内にはチャペルが併設された結婚式場が多く存在しているため、理想の結婚式を挙げられる施設をしっかりと選ぶことができます。各式場のホームページを閲覧すれば様々なサービスをチェックできますが、最終的には実際に施設を目で見て決定しなければなりません。静岡県内に気になっているチャペル付きの式場があるのなら、見学に行ってサービスや施設設備を確かめてみましょう。結婚式場を見学するには、静岡県内の各施設で行われているブライダルフェアに参加するのが最善です。ブライダルフェアとは、結婚式を予定している方に向けて、施設側が行っている体験型の見学イベントです。式場で提供されている料理の試食や衣装の試着なども可能なため、単なる下見ではなく、多様なサービスを実際に体験することができます。施設によっては模擬挙式や模擬披露宴を実施しているところもあるので、各式場で行われている結婚式の雰囲気を、肌で体感しながら選べます。ブライダルフェアが行われる日時は決まっているため、参加に際しては予約を取っておくことが必要です。ネット上にはブライダルフェアを紹介している専門サイトが存在しており、そこから簡単に予約を入れることができます。静岡県内のチャペル付き結婚式場のプライダルフェアを紹介しているサイトもあるので、まずはチェックしてみましょう。

招待状

招待客リストを作る

結婚式の会場を決定したら、招待客リストの作成をしましょう。招待状を作成し、送付して、返信によって出欠確認するためには、結婚式の2.5ヵ月前ぐらいまでには発送するのが望ましいからです。招待状は会場や印刷業者にも依頼できますが、最近は自作する人のための結婚式用ペーパーアイテムが手軽に入手できます。

女の人

披露宴の最初の演出です

席札は最も出席者の目につきやすいものなので、ちょっとした演出を加えましょう。席札の演出方法は、メッセージ付きのものやキャンドルで文字が浮かび上がるもの、おしゃれな小瓶や紙細工など様々です。席札は新郎新婦からのおもてなしの1つだといえるでしょう。