チャペル選びに迷っているならココ|見学すると吉

結婚で考えたい意味

ウェディング

親族の気持ちも大切

戦後の日本では結婚式と言えば夫婦のためのセレモニーと考えられがちですが、本来の意義はそれだけではありません。男女がこれまでお世話になった人達の前で夫婦の契りを結ぶことによって、社会的な責任を約束すると同時に御礼を伝える場なのです。だからこそ江戸時代の日本では結婚式は主に人前式で行う披露宴がメインのプログラムでした。神戸でこうした意義に立ち返って結婚式を挙げれば、式がどれほど社会的な価値を持っているかが分かります。特に結婚は夫婦二人だけの結びつきではなく親族同士の結合も生み出しますから、夫婦が自分達を育んでくれた祖先や一族に未来を誓う上でも結婚式は重要なセレモニーなのです。神戸で友達や親族を前に結婚式を挙げればそれが夫婦の人生に大きな影響を及ぼす思い出になります。長きに渡る家庭生活の中で喧嘩をすることがあっても、結婚式で二人を祝福してくれた人達の顔を思い出すことで決定的な別れを回避できるのです。また神戸で生まれ育った夫婦が地元で式を挙げた場合、学生時代から中々再会する機会がなかった人達とも顔を合わせられるのが魅力的です。個人的に一人一人御礼を伝えるのは難しいですが、結婚式であれば関わってきた全ての人達を招待できます。神戸で挙式する際は、夫婦の都合に応じた形式を考えると良いでしょう。フォーマルすぎると参列者に気を遣わせてしまうと考える場合、ご祝儀を辞退して小規模な結婚式にすることもできるのです。